5月の限定酒

廃業寸前!日本酒蔵元兄弟の決意の再チャレンジ

酒造りは人生そのもの。【廃業寸前!日本酒蔵元兄弟の決意の再チャレンジ ▶ https://youtu.be/citeJSOIN-A
わたしのすべての思いをこの動画に託しました。ゆっくりした時間でご覧いただけますと嬉しいです★


日本酒造りは人造り。業界では特に言われる言葉です。
わたしが思う日本酒の魅力は、
日本酒は人生と深くリンクしている、ということです。

日本酒を通し、
そして
私はお酒を大切に大切に醸している人達より
人生観を教えていただいています。

わたしはそのストーリーを伝えることに
自分の人生すべてをかけています。

その私のすべてを今回の動画につぎ込みました。
ぜひ、ご覧いただけますと嬉しいです★


【プロローグ】

このストーリーは、とある廃業を考えた酒蔵の兄弟による復活のチャレンジの物語です。
日本酒づくりは、かつて桶売りという、
お酒の造り方と売り方があり、
地元向けのお酒を作る以外は、
お酒造りの下請けとして寮を造って
酒蔵経営を成り立たせていた蔵が多くありました。
この蔵元もかつてそのような歴史がありました。
しかし、戦後の日本酒販売ピークを迎えた後の
日本酒低迷期や焼酎ブームの後、
かつてのような生産量を確保できなくなり、
次々と日本中の酒蔵が廃業していきました。
この蔵もまた、
その廃業という選択肢を迫られた蔵でありました。
佐賀県名水の地脊振山の麓にある蔵元、
基峰鶴醸造元、基山商店の復活のストーリーを本日はお届けします。


【廃業宣告】

まさかだった。
ウチがそんな状況だって知らなかった…

社長が告げた廃業宣告…

しかし、兄弟は考えた。

辞めることはいつでもできるが
復活させることは二度とできない。

そこで、
兄弟は蔵の立て直しを決意する!

最初に取り組んだのは、
生産から販売まですべてを自分たちの思いを込めて造るという
【限定流通】という
全く新しい日本酒づくりへのチャレンジでした。


【流通を変え、味を変え、生き残りをかける!】


魂を込めて酒造りに向き合ってやる!
僕らが自信をもった最高の酒を届けるんだ!

今までにない新しいチャレンジを行い、
酒屋さんより徐々に基峰鶴というお酒が
認知されるようになりました。

とにかく一生懸命がむしゃらに
酒を作っていたと杜氏は話します。

この頃には海外での日本酒のコンテストでも賞を受賞するなど、全国的に有名でなくても一定の定評がある蔵元へと成長していました。

しかし、順調に回復してきたと思えた時に、世界中で猛威を振るうあの出来事が起きて、状況は一変しました。


【日本酒業界に吹く世界的大恐慌】

2020年2月その出来事は起きた…
造っても売れなければ蔵がまたピンチになる…
しかし造らないと蔵は存続することはできない。
過去を振り返り、スランプの一年となったと杜氏は言います。

そういった背水の陣で、
杜氏は基本に立ち返るようになります。
状況は最悪だが時間はある。
この間に新しいチャレンジをと決意をします。


【絶体絶命のピンチからの起死回生を図る】


全国の個性的な蔵の顔や心が見える酒を500種以上きき酒し、
実際の酒造りの現場では
設備投資はできないけれども
今までにない最大限に手間、暇をかけた酒造りを
これ以上はやれないというところまで
細部にまでこだわって造るようにしました。

その結果、周囲の反応は今年今までにないほどの好感触を得られ
注文数も増加しました!

今までの苦労が報われたのです。

基峰鶴醸造元、基山商店の酒造りは
コロナ禍という酒造業にとって最大のピンチを乗り越え、
今年最高の日本酒を醸すことができました。

基本に立ち返り、理想の姿を追求した酒造りは、
まさに鶴のように羽ばたく姿を想像できるかのようです。

一度は廃業の寸前まで追い込まれた伝統産業の灯火は、
兄弟の熱い想いと行動により煌々と照らされるようになりました。
これからまた、そんな困難なことが落ちても、きっと乗り越えることができる
今、日本酒の産業をとりまく背景は決して
明るいものばかりではない苦難の連続である。

しかし、
この蔵元はなにかひとつの大きな障壁を越えた感覚がある。

とはいえ、
まだまだこれからがスタート地点、
歴史を守るという大きな使命を背負った蔵元兄弟の未来を、
是非ともに応援してまいりましょう。

【廃業寸前!日本酒蔵元兄弟の決意の再チャレンジ ▶ https://youtu.be/citeJSOIN-A


購入は全国の酒屋さんよりお買い求めください❤ https://sakebond.jp/3list-sakestores/

6月4日は蔵元との特典もあります★

6/4 20:00~ 蔵元とYouTubeライブ 蔵見学、対談  
   21:00~購入者限定 ZOOM二次会、3次会の再チャレンジ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。