コンセプトと3つのプラン

日本酒の最大の
価値である、
コミュニケーションツールの側面を引き出した、
今までにない
#日本酒好きな人と
繋がれる日本酒

エピローグ

現代の日本酒造りは嗜好品としての価値を如何に高めるか
そこに注力しているように思えます。
私たちが思うのは嗜好品以外の日本酒の価値を高めるからこそ、
日本酒の素晴らしさはより、生きてくると感じています。


日本酒は文化や歴史と密接に繋がり、また観光やご当地グルメとも相性がよいです。
また、何よりも日本人は稲作が始まったころより、
日本酒を通して心を通わせてきました。

現代日本で失われてきた”Bond(絆)”を日本酒を通して醸成する!
そんな思いをコンセプトとした新感覚のシリーズ日本酒です。


きっかけ

コロナという世界の一大転換期が起きたとき、
私の故郷長崎ではダイアモンドプリンセス号での感染爆発が起きていました。
その報道を見ていた時、今年は今までとは違う流れになりそうだ、と思いました。
今年は転換期となるに違いないと。

それから2ヶ月後、2020年4月には日本酒専門のバー経営を譲ることを決意し、
日本で今何が起きているか?
そして日本酒はどうやってその魅力を伝えられるか?守れるか?
その疑問を解決するために日本各地を愛車のバンとともにでかけました。

愛車のミラウォークスルーバン。30年前くらいのバン

そこで気づいたのは日本各地には
全国的に有名でなくても素晴らしい蔵元と、
そしてその思いを伝える素晴らしい酒屋さ
そして、
それを愛飲する日本酒ファンの方がいることを気づきました。

コロナは人と人の繋がりを過疎化させましたが、
古来より人と人は日本酒を通して繋がりをつくってきたその絆は繋がったままだと思っています。

京都の伊根満開醸造元、向井酒造でのオフ会の様子。


人はそのつながりをDNAレベルで求め、日本酒ファンは今非常に増えている、目覚めているというのが
日本酒のInstagramを活用していても思う印象です。(全酒類の中でNO1ハッシュタグ数)
そういった人と人の繋がりを求めるのは今の時代においても真理だと確信しました

3つのコンセプトキーワード

日本酒は毎月1回リリース!
旅するように全国の素晴らしい蔵元の日本酒と思いを届けます、を
コンセプトキーワードとして

1.日本全国にある全国的に有名でなくても
素晴らしい思いと技術で酒造りを行っている蔵元のチャレンジを応援。

2.現代の日本酒ファンにもウケるモダンなテイストを持ち合わせている、
あるいはユニークなテイストがあり、面白いお酒の味わいをもっている、
いずれにしても買いやすく売りやすい日本酒の味わいであること。

3.造る人、伝える人、飲む人、そして地域までも繋ぐという志の事業である

という思いが大前提としてあります。


ビジョン

日本全国にサケボンドのネットワークを構築し、

日本酒を通し良好な人間関係を構築する場作りを行うこと。

そしてそれを楽しく美味しく活動し続けることによって日本酒文化がより広まっていくこと、

伝統産業として次の時代へと語り継がれることをアシストする優良な団体を形成する。
また、まるで親戚のような温かい心の拠り所であり、一生の仲間となれるような場所を造ること。

そして、日本酒と日本の素晴らしさを伝えるべく
3年以内にサケボンド酒ストアシリーズを海外進出を考えます。

具体的な3つのサービス内容

1.蔵元との商品開発と蔵元と繋がれる
オンライン日本酒の会の実施

全国には全国的に有名でなくても素晴らしい日本酒を醸す蔵元が多くあります。
そんな蔵元を応援するような場所でありたいと思っています。
日本酒の味わいを決めるのは造り方、原料はもちろんですが、実は最も大切なのは流通であると私は思っています。
だからこそ予約で売り切れるほどの限定数量だけを毎月一回リリースし、
またそのお酒を通して蔵元とのオンライン日本酒の会を(蔵元と直接話せるオンライン二次会付き)開催します。 


2.日本全国の酒販店における
販売網の形成

この日本酒低迷期の時代に必要なのは潜在的な日本酒ファンに届ける情報の量と質が求められていると思います。
しかしながら現在のアルコールの消費が年々減っていくときには広告費と時間の捻出は難しいものです。

そこで私たちは、蔵元と酒販店を繋ぐ広告のお手伝いを行い、そしてそれをさらに日本酒愛好家の方へ、
サケボンドコミュニティメンバーの方へ届けてまいります。

なので購入方法は各酒販店さまに依存するものとなっておりますので
ご購入の際は#サケボンド酒ストアシリーズの日本酒の件で、と
酒屋さんに直接ご連絡頂き注文いただければと思います。

面倒ではありますが、この瞬間に生まれる人と人のご縁ができることが最高だと私は思っています。


3,全国の日本酒ファンが集まる、
サケボンドコミュニティの育成

日本酒の最大の価値は何度もお伝えしてしまいますが
コミュニケーションツールとしての側面がもっとも大きいと私は感じています。
だからこそ、そんな日本酒好きな輪をつくって心の拠り所となる場所づくりが必要。
コミュニティでは具体的にはこのようなことが行われています。

  • 毎週末のオンライン日本酒の会
  • 3ヶ月に一回ほどのオフィシャルオフ会(メンバー独自では毎月のように開催)
  • 田植えや稲刈りなどの行事のオフ会
  • 非公開のFaceBookグループへのご招待とコミュニーケーション。
  • instagramによる#サケボンド #日本酒好きと繋がれる日本酒 などのハッシュタグでコミュニケーションが生まれる。
  • メンバー同士のお酒の交換
  • 室の高い大人が集まる交流の場ができる
  • 有料(月額3980円~)のオンラインサロンにご入会頂くと毎月、当企画の物理的価値のある、日本酒好きな人と繋がれる日本酒が誰よりも早く予約されるので確実にGETできます。会員限定のサービスやコミュニケーションができる場所に入ることができる。

日本酒は人間と一緒。
最初はの第一印象が

良くないことって
あるもの。

でも、

向き合ってみると
後からすごく

大好きになる
日本酒もある。

人間だってそういう
コトはあるモノ。

だから、

第一印象で
決めつけずに
付き合うと

最初は苦手に感じても
後から凄く
好きになることも
あるから

日本酒は面白い。

日本酒造りは

尊く価値があること。

このコミュニティを

通して日本酒づくりの
素晴らしさや、
伝統美や

嗜好品の奥の価値を
感じて頂き、
日本という

国の魅力さえ
再認識

してもらえるような
更に現代に合わせて

楽しく。
そんなグループにしていきたいと
考えています。

日本酒エンジョイチャンネル運営
㈱浪漫酒創造舎代表 まちゃる


YouTubeでこの事業への思いを語りました。


PAGE TOP